その承認欲求がパワハラのもと。

2019.01.07 (月)

部下としての立ち位置にいて、仕事への意欲が高く、上昇志向もあれば「もっと自分の仕事を認めてほしい」と思うのは当たり前と言えるでしょう。
その思いをぶつける場や、人も用意されている会社がほとんどだと思います。上司との期中、期末面談など、経験ある方は多いと思います。

 

上司は認めてほしいと言える場が少ない

 

私は部下の立ち位置だった頃は言いたい放題やりたい放題でした。思ったことはすぐ口に出す、自分の狭い価値基準に沿わないことは一刀両断で批判する、何か面白くないことがあれば拗ねるなど、今思うと「よくここまでわがままになれたな」と呆れます。同時に辛抱強く導いてくれた上司の皆様には感謝しかありません。

 

時々「いい加減にしろ!」と激昂されましたが、何とも思わなかったです。怒る理由が分からないと響かない部下でした。恐れ入るほど面の皮が厚い(笑)。

 

そんなとんでも部下を持つ上司は、言いたい放題の部下に対し「自分を認めろ」とは言えないことがほとんどです。少なくともそのような発言をした上司を今まで見た事はありません。部下である私は「認めろ!」と事あるごとに口にしていましたが。

 

認めて欲しいのは皆同じなのに

 

上司であろうと部下であろうと誰でも承認欲求はあります。誰だって認められたいのです。部下から上司に「認めて欲しい」と態度にあらわすことはありますが、上司から部下に「認めて欲しい」とは言わないし、言えないことがほとんどです。

 

上司だって部下に認めて欲しい。しかし言動には表せない。心の奥で沸々とわきあがる欲求は「パワハラ」という形で現れることがあります。

 

認めてほしいからパワハラにつながる

上司の部下に対する承認欲求の、非常に歪んだ形が「パワハラ」です。

 

部下を追い詰める=部下に認められている

 

考えようによってはパワハラは「上司が上司でいられる最も有効な手段」と言えなくもないのです。
マウンティング、暴言、人格否定……あらゆる手段で部下を追い詰めることにより、「自分は上司だ」と無理やり認めさせることができます。

 

客観的に自分を見るために会社以外の場所が必要

ゆがんだ承認欲求を体現させないためにはどうすればいいのか。上司だから「承認欲求」を満たせないのなら、上司という肩書のない場所を持つしかない。「職場以外に自分の居場所を持つ」ことが必要です。趣味でも副業でもなんでもよいのですが、自分の承認欲求を満たしさらに「ここで認められなかったら、自分は終わりだ」と自分を追い詰めることもなくなるでしょう。客観的に自分を見ることができる場所を作ることが大切です。

 

 

転職・転機を考えた時に読む無料冊子↓

転職を考えた時に読む無料冊子をダウンロード

 

 

承認欲求がパワハラに変わりそうな人のためのセミナー開催しております。↓

仕事がツラいを自信に変えるセミナーに参加する

 

LINE@からサバイバルの知恵を配信予定!

友だち追加

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: その承認欲求がパワハラのもと。

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP