同一労働同一賃金はパンクな法案だと思う

2019.10.06 (日)
同一労働同一賃金

「我が国から非正規という言葉を一掃する」

 

 

この言葉を聞いた時「なんというパンクな言葉だろう」と衝撃を受けました。

「働き方改革」の一連の流れのひとつ、「同一労働同一賃金」を含む改正法は、2020年4月1日から施行(中小企業の「パートタイム・有期雇用労働法」の適用は、2021年4月1日から)されることになっています。

 

 

「同一労働同一賃金」改正法では、正規雇用労働者と非正規雇用労働者で均等待遇が期待されます。均等待遇とは、業務や配置変更の範囲が同じである場合、給与や福利厚生などの扱いも同等に行うことです。

 

 

同じ業務であれば同じ賃金が支払われる?

 

契約社員やパート、派遣社員などの非正規雇用労働者であっても、正社員と同じ業務を行っている場合は、同等の給与や福利厚生を受けるべきということです。対象となるのはざっと以下の通り。

基本給(時間あたりの労働賃金)
時間外手当
賞与
役職・業務手当
通勤手当
家族・住宅手当
食事手当 など

給与

 

 

労働契約法やパートタイム労働法で禁止される差別

労働契約法やパートタイム労働法では、契約期間やパートタイマーであることを理由とする不合理な差別を禁止しています。

例えば、通勤手当などは、制度設定の目的が『通勤にかかる費用負担』なので、雇用形態で差をつける合理的な理由はありません。そのため、同一労働同一賃金改正法では、非正規雇用であっても正規雇用と同じように通勤手当を支払う必要があります。

 

 

非正規雇用労働者の賃金が上がる?

 

パートやアルバイト、契約社員、派遣社員などの非正規雇用労働者は年々増加しています。
正規雇用労働者と非正規雇用労働者との賃金格差も広がっています。
同一労働同一賃金改正法が実現されれば、この格差が解消され、非正規雇用労働者にとっては基本給などの賃金が上がる可能性があるかもしれません。

 

働き方の選択肢が広がる?

正規社員と非正雇用労働者の格差が是正されると、テレワークなど多様な働き方に対応できると期待されています。格差がなくなり、違いと言えば「フルタイムかパートタイムか」くらいになるかもしれませんね。

テレワーク

 

 

 

この改正法すごいな、と個人的に思った点が二つあります。非正規雇用のキャリアパスと定年後継続雇用に関することです。

 

 

非正規社員のキャリアパス

「この仕事はパートさんにしかやらせていないから」同一労働じゃない、同一賃金である必要がないよね!という言い訳が出来ないのです。

キャリアパス

 

 

非正規社員の現状の低賃金に見合うように形式的に非正規社員に違った業務を割り当てたり、単純作業に限定したりするキャリア形成疎外となるような待遇は「職務分離」となり、かえって待遇差が広がりかねないのですが、

 

「不合理と認められる待遇の相違の解消等にむけては、賃金のみならず、福利厚生、キャリア形成、職業能力の開発及び向上等を含めた取り組みが必要」とうたわれています。職務の高度化など、キャリアパスの構築も必要なのです。

 

 

 

 

定年退職後の継続雇用制度にまで言及

2006年4月以降、「高年齢者雇用確保措置」により65歳までの雇用が義務化され、2013年4月以降は原則希望者全員を65歳まで雇用しなければならなくなっています。

 

定年後の継続雇用後の賃金については、「定年直前の年収を100%とした場合の現在の年収(勤労収入のみ)は、年収が50%未満に減少している人が継続雇用者全体の39.8%」(参考:明治安田生活福祉研究所「50・60代の働き方に関する意識と実態」)という実態があります。40%が定年前の半分の年収になるのです。

 

改正法では「定年に達した後に有期雇用労働者として継続雇用する場合の待遇について、様々な事情が総合的に考慮されて、通常の労働者と当該有期雇用労働者との間の待遇の相違が相違が不合理と認められるか否かが判断される」としながらも、

 

「したがって当該有期雇用労働者が定年に達した後に継続雇用された者であることのみをもって、直ちに通常の労働者と当該有期雇用労働者との間の待遇の差が不合理ではないと認められるものではない」

としています。

 

退職一時金や企業年金については企業によって差があります。全く支給されない会社も多いです。「退職金があるから」「定年到達時に賃金支払い打ち切り前提だから」「高年齢雇用継続給付を勘案したから」という理由で、継続雇用後は賃金を下げていいのか、この法案は問いかけています。

 

もはや定年退職までの生涯スパンでの年功的な待遇や仕組みが維持できるのか?ということです。定年や退職金という前提すら崩そうとしているように感じています。

 

正規とか非正規とか

「非正規の働き方が気楽だ」「非正規だからダブルワークできる」なんて方も多いと思います。

ただ、「正規」「非正規」という言葉を聞くたびに「なんの身分制度?」と思うのです。そもそも同じ職場で仕事をしている仲間なのに、です。

 

江戸時代じゃあるまいし。

 

「働き方の多様化」がうたわれる昨今、「正規とか非正規とか」言っている場合ではないのです。「正規だから」「非正規だから」と人間を区別する企業は今後選ばれなくなるのではないか、と感じています。

 

一朝一夕で様々な問題や差別が変わるとは思いませんが、このパンクな法案が一石を投じる一歩であってほしいと願っています。

 

転職・転機を考えた時に読む無料冊子↓

転職を考えた時に読む無料冊子をダウンロード

 

 

セミナー開催しております。↓

仕事がツラいを自信に変えるセミナーに参加する

 

 

個別相談・お問合せはこちら↓

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 同一労働同一賃金はパンクな法案だと思う

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP