「経営コンサルタント」が必要な理由

2019.08.20 (火)
最後に決めるのは自分

「経営コンルタント」が出入りしている会社は多いと思います

 

会社勤めしかしていなかった頃、会社が「経営コンサルタント」という摩訶不思議な人たちを信頼し、大金払っている(月ン百万単位)様を見てとても不快でした。

 

当時在籍した会社では、お付き合いしている経営コンサル会社は1社だけではありませんでした。彼らからいろいろなことを言われるたび「勉強会」や「ミーティング」などが開催されます。「営業方針」なども変わります。

 

納得いかなかったのは「結果がだせなかったとしても経営コンサルという職業の人は責任を取らない」ことでした。

 

管理職とはいえ、会社の構成員にすぎない自分にとって、「無駄に会社をひっかきまわし、大金をかすめ取ってゆく連中」としかみえませんでした。

経営コンサルタント

 

経営コンサルタントは何をやっているのか

 

さて、そんな「経営コンサルタント」ですが実際何を行っているのか。

一般的に「企業の様々な経営上の課題を明らかにし、解決する助言をする」職業と言われますが、簡単に言えば「企業をいかに儲けさせるか」だと思います。

儲けさせてくれればそれはありがたいことですが、「投資」「増員」などのリスクも提案してきますし、儲けさせられなかった、大赤字になったとしても

「失敗した場合は責任は取りませんので予めご了承ください。」

無責任オトコ

 

社員からしてみればたまったものではないのです。

社内で厳しいノルマを背負う営業職や管理職は、数字がいかなければ「責任」を取らなければいけない場合もあります。しかし経営コンサルタントは「無責任に言いたい放題提案したあげく、逃げる」とみられます。

 

失敗した原因は『私たちの言う通りにやってくれなかったから』と言い逃れする経営コンサルタントもいますが、「実行させるのも実力では?」と思います。

部下が自分の思い通りに動かないから「部下が悪い」と言っているようなものです。

 

会社員だけをやっていたころは「無駄金使うな」と会社・経営陣に対しても憤っていました。

 

経営コンサルタントは何故必要か

起業し、
自分で事業運営してゆく立場になってはじめて、経営コンサルタントがとても重要だということが分かってきました。
事業運営とは、「決断の連続」です。
会社員しか知らなかった頃もそれなり決断をしています。管理職であればなおさら決断します。

しかし、起業してからの決断は、それらの比ではありません。

「この決断がなにもかも左右するかもしれない……」そんなことばかりなのです。そして驚くほど孤独です。

 

さすがに精神的に辛かったので、先輩起業家に相談したら
「半年、相談に乗るよ」とのこと。「〇十万で」
その当時は藁にもすがる思いでした。

 

起業し、ビジネスのやり方を学ぶこと自体は真っ当です。初めてなら誰かに教わるのは至極当然です。だからコンサルタントに教わります。しかし最後には必ず自分で決めなければなりません。そのとき「誰かに背中を」押してほしいのです。

背中を押す役目が「コンサルタント」なのです。

結果、どうなるかは自分の責任です。当然コンサルタントに責任負わすなんてかけらも考えません。

最後に決めるのは自分

この思考が「経営者」の思考だと思います。

 

多くの経営者は、経営コンサルタントへの「妄信」が激しい自分にも気づかず、自社従業員の冷ややかな視線にも気づいていません。
意見はいろいろなところから聞くと思いますが、最後には絶対に自分で決める。事業運営とはそういうものです。

 

こんなコンサルの活用方法【番外編】

私には専属コンサルタントがおります。

うちのコンサル

ぬいぐるみです。
しかし、彼はとてつもなく優秀です。

「申し訳ありません、うちのコンサルタントの意向を聞かないと返事できないのです」
断りづらいことは全部「専属コンサルタント」が断ったことにしています。

もし「断りづらい」ことがあれば「うちのコンサルが」と言ってみてくださいね

 

 

転職・転機を考えた時に読む無料冊子↓

転職を考えた時に読む無料冊子をダウンロード

 

 

セミナー開催しております。↓

仕事がツラいを自信に変えるセミナーに参加する

 

 

個別相談・お問合せはこちら↓

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「経営コンサルタント」が必要な理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP