「男性は何故女性社員が苦手なのか」男性目線の理由が面白い

2019.06.28 (金)
怒る女性

先日、男性の経営コンサルタントと「男性は何故女性社員が苦手なのか」という話題で盛り上がりました。かなり面白かったです。賛否両論あると思いますが、本音で語った分「わかるわかる」とうなずける部分もあると思います。ほぼ男性目線なので女性の皆さんは「そんなことを考えているのか」と思って読んでくださいね。

 

 

まず男性が原因と思われる理由です。

男性は言葉を使わなくても信頼関係を築ける?

言葉を交わさなくとも信頼関係を築けるのが男性、だそうです。スポーツなどを通して「無言で分かり合う」のだそうです。

「男が『カメハメハ~』なんて言って遊んでいるとき、女性は『〇〇君攻略方法』を考えている。恋愛シミュレーションを常に行っている。コミュニケーションで女性にかなうわけがない」脳内ロープレを数多く行っているのが女性、なのだそうです。

 

ただ、「ナンパを繰り返している男性」は別だそうで、「口説いては断られ、断られても口説く。コミュニケーション力が磨かれる」

社会人になってから「コミュニケーション」を磨く男性とはスタート地点が違うということのようです。

 

 

男性は常に組織のヒエラルキーへの不満を我慢している。平気で文句を言ってくる女性を理解できない?

「男は会社の上下関係に従順だけれど、女性は平気で飛び越えてくる」これは確かにそうかもしれません。直属の上司に「ふん!」とそっぽを向けるのは女性かもしれません。その理由が下記の「依存欲求の強さ」ではないかと言われています。

 

ここからは女性が原因と思われる理由です。

 

 

女性は依存欲求が強いので、尊敬できない人の言うことは聞かない?

女性は依存欲求が強いと言われています。

 

『依存欲求とは「是認、支持、助力、保証などの源泉として他人を利用ないし頼りにしたいという欲求 」と定義され、依存には自己の許容を相手に求める欲求があると考えられる。(竹澤・小玉 , 2004)』

 

「私は自立しているから依存なんてしていない」という女性もおられると思いますが、「尊敬できる上司の言うことは聞くが、そうでない上司の言うことは聞けない」という方はいらっしゃるのではないでしょうか。それは「尊敬できる上司への依存」です。

 

組織のヒエラルキーを無視できる女性は「会社の作った上下関係」とは別に「自分の作った上下関係」が自分の中に存在しています。往々にして「自分の作った上下関係」にそって行動してしまいがちです。無意識に自分基準の尊敬できる上司に依存しているということです。

 

「本当にめんどくさいと思う」そうです。

 

女性は仕事にしがみつかなくてもよいと考える傾向があり、傍若無人にふるまいやすい??

「だから女の子扱いされる」とのこと。

男性は仕事に自分の価値を見出す傾向が女性より強いのかもしれません。今はそれほど違いはないと思いますが、「別に今の仕事でなくても何とでもなる」と考えるのは女性のほうが多いかもしれません。

 

男性より自由なライフビジョンをもって生きているということです。それは男性から見ると「羨ましい」と思うとともに「わがまま」「傍若無人」と映るのかもしれません。

 

今はそれほど男性と女性で「仕事・組織への忠誠心」に違いがあるとは思えません。双方とも束縛からかなり自由になっていると感じています。

 

 

 

いかがでしょうか。「何を勝手なことを……」と思う方もおられるでしょうし、「あっ!」と何か気付く方もおられるかもしれません。実はこの話、まだまだ先があります。「組織で男女が分かり合う」ために必要なことを語り合いました。ご興味のある方は是非お声かけくださいね。

 

 

 

転職・転機を考えた時に読む無料冊子↓

転職を考えた時に読む無料冊子をダウンロード

 

 

セミナー開催しております。↓

仕事がツラいを自信に変えるセミナーに参加する

 

 

LINE@からサバイバルの知恵を配信予定!

友だち追加

 

個別相談・お問合せはこちら↓

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「男性は何故女性社員が苦手なのか」男性目線の理由が面白い

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP