転職の理由・起業の理由なんて何でもいい。

2018.09.24 (月)

先日起業家仲間と居酒屋で飲みながらいろいろな話をしました。起業してから1年という彼はふうっとため息をつきながらこんな話をしてくれました。

 

「俺が起業した理由って調子のいいときは『やりたいことをやりたかったから』だし調子悪いときは『逃げた』だし。『新しい景色を見たかった』って思うときもあるし。確固としたものがないんだよね」

 

「え?いいじゃん、転職も起業も理由なんてぶっちゃけなんでもいいと思うよ。」
本音です。

 

 

会社を追われた人・会社がなくなった人

若い世代はともかく、それなり年齢のいってから起業・転職した人の理由はネガティブ要因が多いと思います。ある方は「リストラされる前に辞めた」と言っておられました。私も「起業が夢だった」と言いつつ、最後の会社からは「逃げた」クチですので言うほどポジティブではないと思います。

 

それでも、皆さん立派にやっているわけです。つまり転職や起業の理由なんてなんでもいいと思うのです。

 

転職・起業したあとが大事

彼らに共通していることは「もう後がない」。会社はもうない。もしくは居場所がない。今の場所でやりきるしかない。必死で取り組みます。必死で取組み続けていつの間にか何とかなっている。「なんとか」ではなく「立派に」やってゆけている。

 

大事なのは「取り組み続ける覚悟はあるか」これだけです。

 

カッコつけてる場合じゃない

「本業だけでは食えない」と警備員やったり、倉庫作業をやったり、実演販売やったりと、皆さん最初から順風満帆ではありません。ただ「俺はこの『本業』で絶対にやりきる」という覚悟があります。最近の言葉で言うと「尊い」です。本当にすごい、その志がまぶしいなあ、と思います。そして彼らはいつの間にか本業で立派にやっているのです。

 

ネガティブな理由でも勢いでもいい

転職や起業の理由が「勢いで」という人もいます。後悔したならまた一からやり直せばいい。後悔したくないなら「覚悟」決めてやり切ればいい。

 

何とかなるとどこかで腹をくくることも必要です。上述の彼の言葉「新しい景色を見たい」素敵な言葉だなあと思いました。私も新しい景色をとことん見尽くしたいと思います。

 

 

転職・転機を考えた時に読む無料冊子↓

転職を考えた時に読む無料冊子をダウンロード

 

 

セミナー開催しております。↓

仕事がツラいを自信に変えるセミナーに参加する

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 転職の理由・起業の理由なんて何でもいい。

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP