サラリーマンをバカにするな

2018.11.28 (水)

個人事業主や経営者の集まりに行くことがあります。大抵は交流を楽しみ、出会いを大切にする会なのですが、時々「サラリーマンをバカにして」話を盛り上げようとする人がいます。とても残念です。

 

 

私も長きにわたり会社勤めをしてきました。苦しいことも楽しいこともありましたが、「大事なことはすべて会社員時代に教わった」と言っても過言ではありません。現在でもパラレル的に関わっていますしね。

 

 

「収入は頭打ち」「起業したいといいながら、意気地がないからできない」「定年後のことを心配してかわいそう」「組織にがんじがらめになって自由がない」「毎日満員電車に乗って社畜そのもの」などとバカにする個人事業主や経営者が実際います。「サラリーマンなんかバカばっかりだ」と言われた時には耳を覆いたくなりました。

 

サラリーマンを甘く見るな

サラリーマンの収入はある一定の額で頭打ちになるのは確かですが、毎月、確実にもらうことが出来ることがどれだけすごいことか理解しているのでしょうか。この安定的な収入があるからこそ、ローンを組み、カードを作ることができるのです。

個人事業主・中小企業経営者の悩みのほとんどは「売上がなかなかあがらない・定期的な収入がない」だそうです。

サラリーマンは新入社員かつ仕事で成果が出せなくても、月15万円程は毎月確実に受け取ることが出来ます。サラリーマン自身もこの事実がどれだけすごいことか分かってない人が多いのですが。

 

満員電車は結構体力を使います。運動不足解消にもなると思います。読書をしたり、スマホでニュースを見たり、最近はゲーム三昧の方も多いですが、「この空間、時間を楽しもう」と個々が工夫を凝らしています。「毎日満員電車に乗って、かわいそう」と言う人にはきっと理解できない光景です。

 

 

ダイナミックな仕事に関われるのはサラリーマンの特権

私は最初に入社した大手旅行会社で「留学・語学研修」を担当してきました。

 

パンフレット作成からWEBページ制作、セミナーや勉強会の策定など、今思うとこんな「生意気な娘」以上の何物でもない私に本当に様々な仕事を任せてもらえたと思います。数億のお金が動くプロジェクトや、様々な企業との交渉事など、サラリーマンだったからこそ経験できたことです。テレビ出演などもさせていただきました。

 

また、その後転職したり不動産業に携わったりしていますが、数億の売買を経験したり、東京にオフィス探しをしたり、とダイナミックな仕事経験をさせてもらえたことは、今でも全ての所属した会社に感謝しています。

 

サラリーマンをバカにするな

いろいろな会社で働きましたが、皆真剣に仕事をしていたと思います。会社によってかなり価値観が異なりましたが、それぞれ良さがありましたし、何より今思うと「面白かった」です。時にはくだらない話で盛り上がり、ランチや飲み会など楽しみつつ、皆目標を定めて頑張っていました。

 

 

なぜ個人事業主や経営者がサラリーマンをバカにするのか、「俺たちは上等な生き方をしている」的な発言になるのか、理解できません。人はそれぞれ自分の強みがあります。強みを生かす生き方が「サラリーマン」なのか「個人事業主・経営者」なのかは人それぞれです。

 

「サラリーマンなんて……」的発言する人ほど、まだまだ自由になり切れていないのかもしれませんね。

 

 

転職・転機を考えた時に読む無料冊子↓

転職を考えた時に読む無料冊子をダウンロード

 

 

セミナー開催しております。↓

仕事がツラいを自信に変えるセミナーに参加する

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: サラリーマンをバカにするな

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP